タイカワ商事株式会社

HOME > CSR > 基本方針

基本方針

環境への取り組み

基本理念

タイカワ商事株式会社は、地球環境の保全が人類共通の重要課題であると認識し、環境負荷の低減に努め、資源の保護と循環型社会の構築に
貢献します。

行動方針

洋紙、板紙、製紙原料、紙関連商品、化成品、産業資材等の販売活動を行うにあたり、以下の通りの行動方針を定め、地球環境の維持・改善と汚染の予防に努めます。

  1. 環境配慮型商品の開発と販売
    1. 環境に配慮した商品の開発・販売活動を推進します。
    2. グリーン購入を促進します。
    3. FSC認証に適合した商品の販売を推進します。
  2. 省資源・省エネルギー・廃棄物の削減およびリサイクルの推進

    あらゆる企業活動を通じて省資源、省エネルギーにより環境保全に努め、廃棄物の削減とリサイクルの推進に努めます。

  3. 関連諸法規の遵守

    事業活動に関わる国内外の法規制や当社が同意するその他の要求事項を遵守します。

  4. 啓発活動の推進

    環境保全に対する意識および活動の向上を図るため、社員に対し啓発活動を推進します。

この方針は、全従業員及び当社で働く全ての人に周知するとともに、社外に公表いたします。

人権方針

タイカワ商事株式会社は、人権尊重の取り組みを会社全体で推進し、その責務を果たしていく指針として、「タイカワ商事株式会社人権方針」(以下 本方針)を制定しています。本方針は、国連が策定した「ビジネスと人権に関する指導原則」に準拠しています。

  1. 人権に対する考え方

    当社は、国連が策定した「ビジネスと人権に関する指導原則」に基づき、国際労働機関 (ILO)の「労働における基本的原則及び権利に
    関する宣言」等、人権に関する各種国際規範の考え方に賛同します。従業員一人ひとりが社会的・道義的な責任を十分に認識し、
    互いの人権を尊重し差別のない公正な社会の実現に貢献することを目指します。

  2. 事業活動での取組み

    当社は、全事業活動を通して、ステークホルダー[※1]の人権を尊重する責任を果たします。
    お取引さま、従業員をはじめとするすべての皆様の人権を尊重し、あらゆる差別・ハラスメントを認めず、法令・規則外の児童労働や
    強制労働は行いません。
    また、当社の事業活動が人権に与える影響を定期的に評価し、当社の事業活動による負の影響が引き起こされている場合には、
    適切に是正措置を講じます。

    [※1]ステークホルダーとは、従業員、株主・投資家、先住民を含むコミュニティ、ビジネスパートナー、NGO・NPOなど。

  3. 人権デュー・ディリジェンス

    当社は、人権デュー・ディリジェンス[※2]の仕組みを通じて、人権の負の影響を特定・防止、またその軽減に努めます。

    [※2]人権デュー・ディリジェンスとは、企業が人権を侵害するのを避け、侵害による被害者を救済すること。

  4. 救済・是正

    当社が万が一、人権の負の影響を引き起こしたり、関与したことが明らかになった場合、適切な手続きを通じてその救済・是正に
    取り組みます。

  5. 教育・研修

    当社は、役員・従業員に対して方針の実効性を高めるために、適切な教育と研修を継続的に実施します。

  6. 対話・協議

    当社は人権課題について、ステークホルダーとの対話に真摯に取り組みます。

  7. 情報開示

    当社は、人権尊重の取り組みについて、ホームページ等で情報を開示していきます。

中核的労働要求事項に関する方針声明

タイカワ商事株式会社は、労働における基本的原則及び権利に関するILO宣言に基づき、基本的権利に関する原則を尊重・促進・実現する
ため、下記の中核的労働基準を制定し準拠します。

  1. 児童労働の禁止

    法令が定める雇用最低年齢に満たない児童を就労させません。

  2. 強制労働の禁止

    いかなる就業形態においても、不当な労働を強制しません。

  3. 雇用及び職業における差別の撤廃

    基本的人権を尊重し、人種・出身地・性別・疾病・障がいなどによる差別、セクシャルハラスメント・パワーハラスメントなど、
    人権を無視する行為を行いません。

  4. 結社の自由と団体交渉権の尊重

    国連が提唱する普遍的原則(結社の自由・団体交渉権の承認)を支持します。

この方針は、全従業員及び当社で働く全ての人に周知するとともに、社外に公表いたします。